Hello, World!

難しいことは書けません

Laravelとdockerの環境でMailHogを使ってメール送信テストを実行するには

前までlogにメールを吐き出していたけど、MailHogを使おうということになりました

MailHogのコンテナを作る

今回は以下のようにすでにdocker-compose.ymlにMailHogのことが書かれていました

### Mailhog ################################################
    mailhog:
      build: ./mailhog
      ports:
        - "1025:1025"
        - "8025:8025"
      networks:
        - frontend
        - backend

Dockerを再起動させる

laradockディレクトリの中で以下のコマンドを実行

docker-compose up -d mailhog

docker ps でMailHogのコンテナが新しく作成されているか確認します
f:id:eeko-amaryllis:20190620155428p:plain:w600

http://localhost:8025 にアクセスすると以下のようが画面が表示されていればOK
f:id:eeko-amaryllis:20190620155934p:plain:w600

.env.dusk.localのメール設定

MAIL_DRIVER=smtp
MAIL_HOST=mailhog
MAIL_PORT=1025
MAIL_USERNAME=null
MAIL_PASSWORD=null
MAIL_ENCRYPTION=null

あとはテストを実行してメールがhttp://localhost:8025に届いていればOK

(もしphp artisan config:cache なんてしてしまったら、php artisan cache:clearをすればいい👏)

あとローカルでMailHog使うならbrewで入れることができるらしい

// インストール
brew install mailhog

// 起動
brew services start mailhog